2015/05/06

PC-9801F : Cバス複合ボード作成×GA-1280A搭載

GA-1280AというDOSで使えるグラフィックアクセラレータボードが手に入ったので、Fに取り付けて高解像度表示ができるようになるか試してみることにした。
このボードを刺すCバス拡張スロットは4本全部既に埋まっているので、1本抜くか、または2枚のボードを1枚にまとめる改造をして1本分を空けるかしないと刺すことができない。現状では
#1:増設メモリ
#2:SCSI
#3:マウス
#4:FDDインターフェース
という状態。どれかを抜いてしまうといろいろ支障を来すので複合ボードを作って1本空けるしかないという結論に。

複合ボードの製作開始。背面にコネクタがなく薄いEMSメモリボードをSCSIボードと合体させることにした。


ベースにするSCSIボード。B55U-BMNという型番らしきものが印刷されているがメーカーなどは不明。98JUNK.DOCに「B55BMN」という似た型番のものの設定が載っているが、ジャンパピンの数が異なる(6つある)。ディップスイッチの設定はたぶん他の55系SCSIボードと同じだと思う。(IF-2761と同じ設定にしてみたら正常に動いているようだ)
 
ベースボードにできるのは、このようにエッジコネクタのすべてのピンに金メッキがされていて、そこからパターンがつながったスルーホールが100ピン分用意されているものに限られるので探すのに苦労した。

 ベースボードに立てる2.54mmピッチ100pinピンヘッダ。

SCSIボードのスルーホールにピンヘッダを刺す。

ボードの裏でハンダ付けして固定する。これでベースボード側の改造は終わり。

EMSボードは今まで使っていたEMJ-4000よりも薄く大容量のEMJ-8000Sを新規調達した。

SCSIボードと合体させるので、拡張スロット入り口で引っかからないようにボード周囲をパターンぎりぎりの位置まで削り込む。エッジコネクタも若干削っておいた。

2枚のボードを繋ぐケーブルを作成する。
古いナローSCSI用の内蔵フラットケーブルが50pinでコネクタ付きなのでちょうどいいんだが、なかなか手に入らなくなっているので自作した。50pinコネクタが手に入らなかったので40pinと60pinの組み合わせで対応する。
コネクタは足を外側に90度折り曲げて、そこにリード線をハンダ付けした。リード線はEMSボードのエッジコネクタの金メッキピンの位置に対応する箇所だけでいいので、67本で済んだ。

リード線のハンダ付けが終わったら、ピンの露出している位置に絶縁のため塩ビ板を両面テープで貼り付け、
コネクタ表側のリード線が出てる付け根の部分にホットボンドをしっかりと盛ってリード線を固定し、断線を防止する。

できあがったケーブルをEMSボードのエッジコネクタにハンダ付けする。エッジコネクタ側もホットボンドを盛ってリード線を固定し断線を防止する。

ベースボードに接続して、
(※EMSボードの裏は全面にビニールシートを貼って絶縁処理しておいた)

折りたためば自家製複合ボードの完成。
EMSって書いてあるのに背面からSCSIコネクタが出てる気持ち悪いボードだw

拡張スロットに挿入する。#3に刺した(黄色の枠で囲ったのがそれ)
コネクタの背が意外と高さがあり、EMSボードが斜めになってしまって格好悪い。

2枚のボードを繋いでるケーブルはライザーボードのコネクタの間に窮屈そうに収まっている。

本体背面から。
#1:GA-1280A(グラフィックアクセラレータ)
#2:MK-1500(マウス)
#3:EMJ-8000S(EMS)+B55U-BMN(SCSI)
#4:PC98M11-mk2(FDDインターフェース)
4枚刺しに見えて実は5枚刺しである。


起動させてみた。
SCSI接続のHDDからちゃんと立ち上がり、EMSドライバが搭載メモリ量をカウントしてるので複合ボードは正常に動作しているようだ。結構いい加減な改造だったけど成功のようだw


GA-1280Aのテスト。
ボード付属のドライバディスクの2枚目に、C言語で叩くライブラリ一式とデモプログラムが入っているのでデモプログラムを動作させてみた。
GAINIT(DOS用ドライバ)は1024x768のモードで組み込んだ。ディスプレイは1280x1024対応なんだけど、そのモードでドライバを常駐させると信号がOUT OF RANGEとなってしまう。

Fのグラフィックは元々8色表示しかできないんだけど、高解像度多色表示できるんだね。
このボードに対応してるエロいゲームがあるんだけど、あれ動くかなあ? 今度はマウスと音源の複合ボード作らなきゃならないな。